パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このブログでは最初の記事ということで、好きな本について。 

炎の門―小説テルモピュライの戦い (文春文庫)炎の門―小説テルモピュライの戦い (文春文庫)
(2000/09)
スティーヴン プレスフィールド

商品詳細を見る


 映画300でも舞台となったテルモピレーの戦いについての小説。 映画の製作国のアメリカ人からも、「炎の門」を原作として映画を作った方がよかったのではないかという声が上がっていたほどの名作。 

 8年ほど前に英語版を読んで以来、日本語版を長く探していたが、昨日やっと入手。 日本では小説が廃盤となっていたため自分の入手したものも中古本。 ……ああ、以前本屋で見かけたときに買っておくべきだった。
 再読して、改めて感動した。 翻訳違っていないか、それとも、自分の記憶が間違っているのかと自問する場面もいくつかあった。

ちなみにこのブログのURLにつかっているLakedaemonとはスパルタ人のこと。 大学入試にも出てくる”laconic”(無口な)という単語の語源は、これ。
スポンサーサイト

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。