パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月14日
per0610.jpg
イタリア参戦。 ペルシアにとっては、とっても心強いし、重要。 イタリアがいないと日本がアフリカに深入りしてしまうし、アメリカが早期にスエズ経由で中東に手を出してくるかも。 
イタリア、がんばってアフリカ全土を塗りつぶしてね。

6月17日
per0611.jpg
ギリシアがイギリスの独立保障を受ける...。 イギリスもフランスも本土はほぼ陥落しているのに、ギリシア政府、本当にそれで守ってもらえると思うの?

6月29日
per0612.jpg
ハンガリー参戦。

7月5日
per0613.jpg
ヴィシーフランス成立。

7月6日。
per0614.jpg
DAIMイベントのメルケルビル奇襲が起きた。 これによりヴィシーが参戦。 これがペルシアにとっていいニュースかどうかは微妙。

per0627.jpg
いつの間にか日本軍がイラクに侵入。 それにしても何でイラク軍はペルシアに侵入してこなかったのだろう...。 イラクに特別なAIってあったっけ?

7月10日
per0615.jpg
インド南部での掃討戦。 イギリス軍が補給切れに。

7月17日
per0616.jpg
無謀にもインド東部へイギリス軍が強襲上陸。 このあたりに上陸されると、日本との占領地の境目が変わってしまうのでうれしくない。

7月22日
per0617.jpg
ルーマニア参戦。

8月2日
per0618.jpg
シャムが日本の属国になった。 できれば前もって占領しておきたかったけど、兵力に余裕がなかった。

8月24日
per0619.jpg
スエズ確保。 後に述べるが、これはペルシアにとって重要。 
だが、イタリアが変な場所に上陸してきた為に、補給線がつながらなくなってしまった...。

per0620.jpg
この時点でのイギリスの国力。 基礎IC2。

9月8日
per0621.jpg
バルカン戦争起きず。 起きてくれれば、ペルシアがバルカンを併合して一気に研究枠4になれるのに。

9月26日
per0622.jpg
アイスランドの保障占領が起きた...。 これにより、ブリテン島奪回の為の橋頭堡をアメリカは持ったことになる。 

10月2日
per0623.jpg
シリアに宣戦。 
また、輸送船団を2ライン追加。 計3ライン並行で99連続生産を行う。 この際に間違って36年から続けていた輸送船団の連続生産を止めてしまい、連続生産ボーナスが無くなった...。

per0624.jpg
シリア戦と同時進行で、アラビア半島の連合国領を制圧中。 なお、この際、イギリス上陸に使った艦隊は喜望峰経由で本国に戻し、この作戦に使っている。

10月26日
per0625.jpg
フィンランドが枢軸に参加。 いつも思うけど、このゲームのフィンランドって史実より扱いが酷いよね。 
大抵の場合、冬戦争に負け、枢軸に参戦するがドイツは守ってくれずに、ソ連に数ヶ月以内に降伏し、属国となる。 その後、侵攻してきたドイツに再び踏み潰されて、完全併合...。 

12月10日
per0626.jpg
人的資源に余裕ができてきたので、輸送艦を99連続生産し始める。 それに伴い、海軍司令官を変更。
スポンサーサイト
per0601.jpg
この時点での国力
軍隊を何も作っていないので、大戦直前とほぼ変わらない状況。 連合からの脱退直前に買っておいた陸海軍備や、後に日本から購入した補給艦の分だけ微増。 ただ、陸軍の補充率は本国では最低水準。 民兵にいたっては補充せずにまとめてある。 (それでも売るか解体すれば、ある少量の人的資源が手に入る)

per0600.jpg
資源が急激に増加しているのはイギリスの首都ロンドンを落とした為。 補給状況に関係なく100%資源集積地の備蓄は占領国に渡るのか? 
人的資源が0になっているが、輸送船団を作り続ける為に、輸送船団が完成する日時に合わせて、本国にいる予備の民兵師団を日本やイスラエルに売って、人的資源を確保している。

1月2日
per0602.jpg
タカ派へ+1。 ついにタカ派MAXに。

per0603.jpg
心配しないで日本。 これからはペルシア産の石油をどうぞ。 お安くしておきます。

4月1日
per0604.jpg
研究枠3。 3つ目の枠は主に海軍関係の研究を進める。 基地空爆ドクトリン、駆逐艦、空母優先。
この後、2回、イギリス軍の逆襲により3本目の研究ラインを失ってしまい研究資金を無駄にした...。

4月14日
per0605.jpg
冬戦争終結。 フィンランドがんばったね! というか、ソ連、大丈夫か? あまりドイツ有利になりすぎても、ペルシアとしては困る。

4月15日
per0606.jpg
ドイツがベルギーへ宣戦。 ベルギーは連合へ合流。 翌日には、ドイツはルクセンブルクへも宣戦。

5月1日
per0607.jpg
ペルシア領オランダに侵入してきた憎き連合軍をドイツ様が追い出してくれている所。 ありがとう、ドイツ! 貿易では優遇します。

5月6日
per0608.jpg
ついに、東部インドのペルシア領が本国と陸続きになった。 これにより人的資源の増加率は0.34/dayになった。 

なお、この時点までに、輸送船団は約200隻が海の藻屑となった。 何をおいても輸送船団の生産ラインを止めなかったのはこの為。
ペルシアでの拡大プレイでは、輸送船団が本当に命の綱である。
後のことになるが、人的資源に余裕が出てからは3ラインに増やし、アメリカが参戦してからは5ライン並列生産になる。

5月17日
per0609.jpg
ネパール軍を包囲殲滅。 お気づきだと思うが、ネパール本国は占領してあるが、イギリス軍に合流されないように、国の併合はしていない。 はっきり言って、パルチザンが発生しないネパールやブータンを併合する理由がない。

⇒続きを読む

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。