パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が好きな作家の一人が北方謙三氏である。 特にこの人の書く歴史小説が面白い。 戦闘シーンに勢いがあり、主人公とその敵両方の必死な様子が伝わってきて好きだ。

今日はその中でも好きな2作品を紹介。 最初に紹介する作品は「破軍の星」。 花将軍の異名を持つ北畠顕家の生涯を描いた作品である。 太平記を読んだ方にはお馴染みの名であるが、戦国時代や源平時代の武将や大名ではないので知らない方も多いかもしれない。 そもそもこの人物は貴族出身でありながら、武将として生きたという意味でかなり興味深い。
個人的な考えではこの頃までの貴族は日本の支配層たる資格があったと思える。 南北朝以降は、武士階級に権力を握られ、権威はあっても権力は無く、文化と伝統の継承者としてのみの存在になってしまったと思う。 そういう意味では、貴族でありながら人を束ねようとして武将として生きた北畠顕家は自分にとってはかなり意味深い存在である。
破軍の星 (集英社文庫)破軍の星 (集英社文庫)
(1993/11)
北方 謙三

商品詳細を見る


2作目の作品は中国の民間故事に基づいた作品である「楊家将」。 これは宋という国が中国を統一した時期に活躍した、楊業を初めとする楊一族の武将達の物語である。 楊家将演技という物語は、中国人なら誰でも知っている物らしいのだが、現地に住んだことの無い自分にとって、三国志や水滸伝と比べてどれくらい有名なのか断言はできない。
小説ではあるのだが、あまりメジャーではないこの時代の中国を知るにはいい入門書だと思える。 (唐の終わりから五代十国そして金と南宋に至る経緯は高校で世界史を撮った程度ではちんぷんかんぷんのはずだ)何よりもこの作者らしく戦闘シーンは迫力満点である。 
楊家将〈上〉 (PHP文庫)楊家将〈上〉 (PHP文庫)
(2006/07/04)
北方 謙三

商品詳細を見る
スポンサーサイト
AoDの発売が次の四半期まで延期されるというアナウンスが今日あった。 
http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=449915

大ショック! 今週末の発売を楽しみにしていたのに…。 年末年始の楽しみがなくなってしまった。 
代わりに何をしようかな…。 HoI2のAARを書くか、動画作りに挑戦するか、EU3HttTをプレイするか。
インフルエンザの季節でさえなければ長期旅行に行くのに…。 
これもかなり前に出版された物で、今現在入手可能かわからないけれど、かなり面白い作品。 もちろんフィクションの部分も多いけれど、当時の時代背景やドラキュラ公の功績を知る切っ掛けとしては、歴史の資料を当たるよりもお手ごろ。 作者はファンタジー小説でお馴染みの篠田真由美先生。 この表紙も好きだけど、発売当時の物も格好よかった…。
ドラキュラ公―ヴラド・ツェペシュの肖像 (講談社文庫)ドラキュラ公―ヴラド・ツェペシュの肖像 (講談社文庫)
(1997/10)
篠田 真由美

商品詳細を見る


この本を切っ掛けに、この地方や国に興味を持ったらモルダヴィアのシュテファン大公や、ハンガリーのエルヴェジェット・バートリ、ルーマニアのカロル2世やミハイル・アントネスクなども調べてみよう!

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。