パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで読んだ第二次世界大戦関連の本の中で、最も読み進めやすく、同時に面白い本。 表紙に元々のドイツ語のタイトルが載っているが、それは「電撃戦の伝説 1940西方戦役において」とある。 実際、作者は「電撃戦」が無計画の作り話だと主張しているわけではなく、軍団規模以下の作戦・戦術レベルでは電撃戦は実際に考えられていたし行われたが、国の行く末を決める戦略規模で成功した事は無いということなのだから、「幻」というよりは「伝説」という言葉のままの方が良かった気がする。

この本を読んだ衝撃は、以前「補給戦」を読んだ時にも勝るとも劣らない。 目から鱗が落ちるという気分だった。(もちろん、自分が戦史分野に関しての素人だからこそ、これほど衝撃的だったのだろう) 

通常、国力に勝るイギリス・フランスに時間は味方しているはずであるが、ポーランド戦から西方戦役までの短中期的には時間はドイツの味方だったと言う事。 マンシュタインとハルダーの派閥対立が作戦を頓挫させる事無く、逆に作戦を成功に導いたということ。 マンシュタインによる立案、グデーリアンによる機甲兵力の使用方法の具体化、そしてハルダーによる強引な実行、これら三者の努力がガラス細工のように積み重なってあの鎌の一撃が出来上がったということ。 そして実際の作戦の遂行における電撃戦第一人者グデーリアン軍団の行動が詳細に描かれている事。 本当に得る物が多い本だといえる。

また、第一次大戦におけるシュリーフェンプランの改変版が不成功に終わった理由を「補給戦」とは違う視点から説明し、それと比較して、マンシュタイン立案の鎌の一撃が如何に効率的で効果的なものであるのかということが分かりやすく書かれている。 

もしも、西方戦役がドイツ軍の完全な成功に終わり、ダンケルクでイギリス軍を完全に殲滅していたら、その40万の捕虜を取引材料として1940年中には第二次欧州大戦はドイツの勝利で終わっていたであろう。 この場合、日本が参戦する暇は無い。 
一方、西方戦役で、鎌の一撃が行われていなかったのなら、海を支配するイギリス・フランスが長期的な戦争遂行能力で勝り、第一次大戦と似た過程を経てドイツを降伏に追い込んだ事だろう。 それ以前にヒトラーが軍部によって追い落とされていたかもしれない。 この場合、第一次大戦の前例から、日本はドイツ側に立って参戦する事をためらってしまうはずだろう。
だが、史実では、中途半端な勝利をドイツが得てしまい、しかもその勝利方法が衝撃的なものであった為に、日本の軍部はドイツへの傾斜を強めてしまう。 またドイツにとっても、フランスには勝利した物の、イギリスを追い込む事はできず、奇妙な自信をつけたヒトラーの世界電撃戦戦略によって、イギリス戦を終わらせないままにソ連を敵に回して泥沼に入り込んでしまった。 正に、禍福は糾える縄の如し。

この本を読んで益々マンシュタイン好きになってしまった。 マンシュタインの著作「失われた勝利」もいつか読んでみたい。(今は絶版で中古本はプレミアが付いて高過ぎ!)

電撃戦という幻〈上〉電撃戦という幻〈上〉
(2003/03)
カール=ハインツ フリーザー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
今回紹介する作品は、架空戦記の「なにわの総統一代記」。 ネット上の架空戦記としては老舗中の老舗なのでいまさら自分が紹介というのもおこがましいが、大好きな作品なので自制できなかった。

このブログでネット小説の紹介を避けてきたのは、サイトによっては無断でのリンクや紹介を禁止している場合があるということ。 また、サイトのURLが不定期に変わるため、その度にリンクを張り直さなければならないということがある。 加えて、ネット上の作品は、商業作品でない分、その作者は仕事や勉強の合間に暇を見つけて少しずつ更新していくという形をとっており、多くの作品が何年にも渡って未完のままだということがある。

しかし、今回紹介する作品は、既に完結しているので、次の更新は何時になるのかとじりじりと待つ必要はない。 リンクを張る許可も作者への応援メッセージでその許可を求めたところ快い返事をもらうことができた。 また、このサイトは小説以外にもヨーロッパの軍事関係の役に立つ資料が多いため、HoI好きな方は、このサイトに行けば楽しめること間違いなしだと思う。 (ただし、作者は英語で日本帝国陸海軍の資料も海外に向けて公開している)

長々と前書きを書いてしまったが、この小説のあらすじはというと、現代の大阪に住む普通の「おっちゃん」が何故かヒトラーに乗り移ってしまうというもの。 しかも、大戦はすでに始まっている状態。 当時のドイツ軍の将軍達が、こんな場面ならこうしていただろう、この将軍はこの場面で使えばいいのに、というような現代人の妄想を本当に現実味のある形で表現してくれている。 またドイツを取り巻く国々の様子も描かれているので、これを切っ掛けとしてそれぞれの国の歴史や人物史を探求するようになるかもしれない。

この作品は現在ネット上でよく見かける「ひょう移系」とよばれるジャンルの先駆けといってもいい作品で、歴史上のIFを追求した架空戦記としても、作品としての完成度が高いエンターテイメントとしても一流である。 

是非、このブログを訪れる皆さんにもご一読いただきたい。 こんな面白い作品が無料で読めるというのは、ある意味犯罪である。

以下はこの小説の作者マイソフ氏のサイト:
http://maisov.if.tv/r/
ブログを書かずに1月以上が経ってしまった。 ダメな自分、怠惰は罪。

今回は中村光先生の漫画を2つ紹介。 既に有名人なので知っている人も多いと思うが、若手でもあるので意外と知らない人は知らないのかも。

この人の代表作は「聖☆おにいさん」と「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」。 共に有名作だが、これでこの作者がまだ20代の半ばだと言うのが末恐ろしい。 

「聖☆おにいさん」は、天界で働いていたブッダとイエスが休暇を取って日本に遊びに来ると言う内容のギャグ漫画。 この作品は「この漫画がすごい!2009」のオトコ編一位に輝いている。 その為、ちはやふるを紹介した際に、次にはこの漫画について書こうかなと思ったのだが、あまりギャグマンがを読まないので、良い紹介が書けるとは思えず延期してしまっていた。

この作品は宗教の違いや教義を上手く冗談として笑わせることに成功しており、仏教徒やキリスト教徒が読んでも、バカにされているとは感じられない爽やかさがあると思える。 その為か、海外でもかなり人気があるらしく、第3の共同生活者としてマホメットを加えるべきだ、と言った議論が海外のファンサイトで行われている。 

ただ、自分としては、日本人にイスラム教はあまりなじみが無い事と、イスラム教では政教分離がまだ確立されておらず、マホメットを冗談の種とすると激しく反発が出る事から、マホメットは参加させない方がいいと思うがどうなっていくことやら。 

聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


もう一つの作品は、現在アニメが放映されている「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」。 これは、「聖☆おにいさん」にも増してシュールなギャグが多発する漫画であるが、同時に主人公(コウ)とヒロイン(ニノ)の2人が徐々に固い絆で結ばれていく過程を描いている。 その過程が多くのギャグでぶつ切りにされており、読者としてはもやもや感が募る一方である。 そしてそれゆえに、さらに続きが気になってしまう。

単行本は10巻まで発売されており、物語もそろそろ締めに入ってきている気がする。 最後がどうなるのか、気になって仕方が無い。

荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)
(2005/07/25)
中村 光

商品詳細を見る

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。