FC2ブログ

パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月にはとうとう記事を書かずにすごしてしまいました。 以前は毎日のように書いていたブログも、一旦やめてから、しばらくしてまた始めても、過去の几帳面さは取り戻せないようです。

何も記事を書きませんでしたが、別に9月を寝て過ごした訳ではありません。 9月には、何故か狂ったかのように「架空戦記」を読み漁っていました。 ご存じない方もいると思うので説明すると、この「架空戦記」という本のジャンルは、歴史、特に戦争史のIFを追求した物です。 例えば、信長が本能寺を生き延びたらとか、日本が真珠湾を起こさなかったら等、という設定でその後の「架空」の歴史をたどる形を取る小説です。 

日本で人気のある架空戦記の時代と言うと戦国時代と、第二次世界大戦が二大テーマですが、先月自分が読み耽っていたのは第二次世界大戦物です。 

何となく大量にこの分野の本を買ってしまいましたが、後から考えてみると、HoI2を長くプレイしていることでこの時代のことを頻繁に考えること。 そして、続編のはずのHoI3が安定せず満足にプレイできていないので欲求不満の解消と言う意味で他にこの時代を体験できる物が欲しかったのかもしれません。

自分が中学の頃、架空戦記の大御所とも言われる檜山良昭先生が大逆転シリーズと呼ばれる架空戦記を立て続けに出していました。 このシリーズのほとんど全てを当時読みましたし、大好きでした。 ただ、その前後から、この架空戦記という分野が有名になり多くの作家が90年代にこの分野の本を出しましたが、それは自分にとっては「悪貨、良貨を駆逐する」とも言うべき状況でした。 なけなしの小遣いをはたいて面白そうな本を買っても、トンでも展開になったり、途中で打ち切りになったりということが繰り返された為、自然とこの分野を忌避するようになってしまっていました。 

今になって、またこの分野に足を踏み入れてみると、自分がいない10年以上の間に幾つもの名作がでており、又、それらを探すのも2chの専用スレでおすすめの名作一覧から選べばハズレにはなりませんでした。

次の記事では自分が気に入った架空戦記を紹介したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakedaemon.blog39.fc2.com/tb.php/27-9ee914ab

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。