パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、電車で往復3時間ぐらいかかる所にまで出かけてきた。 その際に持って行ったのが、塩野七生の「ローマ人の物語」の内の一冊。 
このシリーズは今更、一個人が紹介という言葉を使うのが馬鹿らしく思えるくらいの有名な作品。 自分はこのシリーズを一年以上前から読んでいるが、未だに終わってはいない。 その理由は、自分が外出する時にしかこの本を読まないから!
この回のタイトルにあるように、自分の作った格言の一つが「困った時に塩野七生」というもの。 つまり、誰かに会うために外出する、人通りの多いところに行く、デートに行くなどの際に、持っていける本の種類は限られている。 「はずかしくなく、特殊すぎず、自分が楽しめる本」である。
つまり、1.ライトノベルは表紙や挿絵があるため、いい年をした大人が人前で読むのは恥ずかしい。
2.特殊なジャンル、例えば、ドイツ軍名将列伝などを持っていったとしたら、話題の種にならない。
「何読んでいるの?」「ドイツのWW2時の将軍の一覧」「…おもしろい?」「うん」
これだけで会話が終わってしまう。
ある程度、名前が通っている作者や作品なら、それが会話のきっかけになる。
3.ほんの10分時間があって、その間に数ページ読むだけでも内容が面白く思える物。 となると、前後の展開や会話を把握せねばならない小説ではなく、様々な人々の数多くエピソードが簡潔に詰め込まれているこの作品は理想的である。 
よって、自分は自宅では絶対にこの本を読まないことに決めていて、常にかばんの中にこのシリーズの数冊を入れてある。
ちなみに、今読んでいるのは「終わりの始まり」の章である。
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
(2002/05)
塩野 七生

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakedaemon.blog39.fc2.com/tb.php/32-8081fa65

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。