FC2ブログ

パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦史に興味のある人なら必ず知っているであろう石原莞爾についての入門書を紹介。 これは、石原について簡単に一通り知りたい、又は、これから色々な本を読んで行きたい、と思っている人にお勧めの一冊。 一応付け加えておくと、石原を知ろうと思っていきなり「最終戦争論」から入るのは、自殺行為である。

出版社の編集部による石原莞爾の簡単な人物史を中心として、その石原に関わっていく人々を紹介したり、何人もの歴史家から見た石原像を紹介してくれている。 その為、特定の人の意見に偏ることなく、石原莞爾という人物の評価を知る事ができるだろう。 また、石原について書かれた他の作者の本も数多く紹介されているため、この本に書かれている紹介文を切っ掛けにより細かな分野を知っていく為の入門書としてうってつけである。

この本の中で、最も自分の印象に残った部分は巻頭インタヴューの最終章である。 要約すると、

石原は日本のヒトラーになれた。 だが、なろうとしななかった。 それゆえ、歴史によって排除された。

となる。 

確固たる世界観を持った石原は、政治指導者としての素養が確かにある。 満州事変を起こしながら、満州の属国化には反対。 日中戦争にも反対。 それどころか特異な政治シンクタンクともいえる東亜連盟を作ってもいる。 更には、評価の分かれる「最終戦争論」も考え出している。自分を含めた多くの日本人が石原莞爾に惹かれるのは、もし石原が日本のリーダーだったなら、というIFがあまりに想像をかきたてるものだからだろう。
石原莞爾-満州国を作った男―昭和期最大の天才軍人! (別冊宝島 1393 軍人シリーズ)石原莞爾-満州国を作った男―昭和期最大の天才軍人! (別冊宝島 1393 軍人シリーズ)
(2007/02)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakedaemon.blog39.fc2.com/tb.php/62-cb11a626

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。