パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はアーサー王に関する小説を3つ紹介。 ただし、どれもが「正統派」な、英雄物語ではない。 よって、今までアーサー王と円卓の騎士の物語を読んだことが無い人は、決してこれらの本を最初に読んだりしないように! 

まずはマーク・トゥウェイン作の「アーサー王宮廷のヤンキー」。 この作者はトム・ソーヤーやハックルベリー・フィンで有名な、あの作者である。 あらすじを一言で言ってしまえば、現代からタイムスリップしたアメリカ人による歴史改変物。 
数年来、日本のネット上では、タイムスリップした現代人による歴史改変がとても人気のあるジャンルとなっているが、マーク・トゥウェイン氏はこれを1世紀以上前に書いている。 信じ難いの一言。
尚、この小説には19世紀のヨーロッパ人的な世界観がハッキリと出ている。 それは科学技術と理性が宗教と迷信による蒙昧から人間を解き放つ、と言う物でこの世紀に作られた様々な創作物に共通の価値観となっている。 
トウェイン完訳コレクション  アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)
(2009/12/25)
マーク・トウェイン

商品詳細を見る


2つ目の作品はマリオン・ジマー・ブラッドリー氏による「アヴァロンの霧」シリーズ。 これはアーサー王や円卓の騎士たちの物語をモルガン(モーガン)・ル・フェイという女性を主人公として語っている。 作者はこの作品をフェミニスト的な視点で作成しており、フェミニズム(女性学)や、その考え方の延長として出てくる同性愛について、ある程度理解したうえでこの本を読むと面白さが倍増するだろう。
アヴァロンの霧〈1〉異教の女王 (ハヤカワ文庫FT)アヴァロンの霧〈1〉異教の女王 (ハヤカワ文庫FT)
(1988/04)
マリオン・ジマー ブラッドリー

商品詳細を見る



3つ目の作品は、バーナード・コーンウェル氏による「小説アーサー王物語」。 これは、アーサー王伝説の元になった人物がいたとされる時代のブリテン島の様子を最も正確に表している作品として知られている。 当時の状況を表したその表現の残酷さに慣れるにはかなりの時間が必要であろう。 サクソン人とケルト人、キリスト教とドルイド達、そしてケルト内でも、アイルランド人とブリテン人の対立の様子などがよく分かる作品となっている。
エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈上〉エクスカリバーの宝剣―小説アーサー王物語〈上〉
(1997/04)
バーナード コーンウェル

商品詳細を見る


また小説ではないが、イギリスのコメディグループであるモンティ・パイソン出演の映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」もコメディとしては秀逸!(もちろんアーサー王の話を知っている事を前提)
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/05/21)
アイドル(広川太一郎)グレアム・チャップマン(山田康雄)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakedaemon.blog39.fc2.com/tb.php/65-4b64e025

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。