パンゲアの気まぐれ帳

気の向くままに、主に好きなこと(ダンス、小説、ネットゲームなど)について書き散らかす予定

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログを書かずに1月以上が経ってしまった。 ダメな自分、怠惰は罪。

今回は中村光先生の漫画を2つ紹介。 既に有名人なので知っている人も多いと思うが、若手でもあるので意外と知らない人は知らないのかも。

この人の代表作は「聖☆おにいさん」と「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」。 共に有名作だが、これでこの作者がまだ20代の半ばだと言うのが末恐ろしい。 

「聖☆おにいさん」は、天界で働いていたブッダとイエスが休暇を取って日本に遊びに来ると言う内容のギャグ漫画。 この作品は「この漫画がすごい!2009」のオトコ編一位に輝いている。 その為、ちはやふるを紹介した際に、次にはこの漫画について書こうかなと思ったのだが、あまりギャグマンがを読まないので、良い紹介が書けるとは思えず延期してしまっていた。

この作品は宗教の違いや教義を上手く冗談として笑わせることに成功しており、仏教徒やキリスト教徒が読んでも、バカにされているとは感じられない爽やかさがあると思える。 その為か、海外でもかなり人気があるらしく、第3の共同生活者としてマホメットを加えるべきだ、と言った議論が海外のファンサイトで行われている。 

ただ、自分としては、日本人にイスラム教はあまりなじみが無い事と、イスラム教では政教分離がまだ確立されておらず、マホメットを冗談の種とすると激しく反発が出る事から、マホメットは参加させない方がいいと思うがどうなっていくことやら。 

聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


もう一つの作品は、現在アニメが放映されている「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」。 これは、「聖☆おにいさん」にも増してシュールなギャグが多発する漫画であるが、同時に主人公(コウ)とヒロイン(ニノ)の2人が徐々に固い絆で結ばれていく過程を描いている。 その過程が多くのギャグでぶつ切りにされており、読者としてはもやもや感が募る一方である。 そしてそれゆえに、さらに続きが気になってしまう。

単行本は10巻まで発売されており、物語もそろそろ締めに入ってきている気がする。 最後がどうなるのか、気になって仕方が無い。

荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザブリッジ (1) (ヤングガンガンコミックス)
(2005/07/25)
中村 光

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakedaemon.blog39.fc2.com/tb.php/66-33e5ec62

パンゲア

Author:パンゲア
好きな振付師 マーサ・グラハム、ピナ・バウシュ、ウィリアム・フォーサイス。
好きなゲーム HoI2、EU3


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。